不思議とよく当たる!トレード戦略お役立ち情報o(`⌒´*)o  ピボット 

さくらです。

今日もさくらのブログに来てくれて

      ありがとうございます!

まずはブログランキングをクリックしてね!

↓ ↓ ↓ ↓

FX・女性投資家ランキングの

 昨日のドル円はとうとう108.500を突きぬけて

107.300円という今年の最高値になりました。

さあ、この先どう動くか・・・

明日のブログでご紹介します

 ~~~~~~~~~~~~~

 今日のお役立ち情報はピボット

 

 

ピボット(Pivot)ってなに?

 

ピボットとは、チャート上にその日の

サポートライン(支持線)、レジスタンスライン(抵抗線)を

描いてくれるツールです。

 

前日の高値、安値、終値を使って計算されていて、

毎日新しいラインを自動的に引いてくれます。

 

前日の値動きを基準にして当日の売買に活かすので、

デイトレード向きのテクニカルツールになります。

また、たくさんのトレーダーが使用しているので

かなり有効なツールと言えます。

ピボットをいれてるチャートです

061X-64

この線はNY時間が終わるまで一日同じ場所にあります。

市場が始まる翌日はまた前日の動きで

線の位置が変わってきます。

 

ピンクのライン「ピボット」これが中心線です。

ピボットより↑に、抵抗線(レジスタンスのR)となる

R1、R2、R3というラインがあり、

ピボットより↓に、支持線(サポートのS)となる

S1、S2、S3というラインがあります。

 

ピボットを活用したトレード

 

1、TPの目安 

 各ライン付近をTPにします。

 例えば買いエントリーしていて、R1で利確、

 まだ伸びていけばR2で利確

さくらはいつもこれを目安にTPを決めてます。

2、順張りポイント

 R1をしっかり越えたらエントリー

 次のポイントR2で利確

 R2を越えたらエントリー

 R3で利確

 このように流れにのってエントリーと利確の

 目安にします。

3、逆張りポイント

 価格が上昇してR1に近づいたら

 そこは抵抗線ですから一旦はねかえされることが

 かなりの確率で高いです。

 ピボットラインは反発のポイントになるのですね。

 ただ、R1,S1は抵抗線としてはまだ弱く

 一気に抜かれることが多いのでできれば

 2まで待ったほうがいいようです。

 そして価格がR3やS3まで達すると

 明らかに買われ過ぎ、売られ過ぎの状況になります。

 ほぼ、R3,S3のラインで一旦は跳ね返されます。

 これを利用してラインのところで逆のエントリーを待つのです。

 ただし、必ずしも線きっちりで反発するとは限りません。

 あくまでもその付近ということです。

 R3、S3に近づいたら反発を準備するということですね。

今日はピボットについてでした。

 

さて、ピボットは残念ながらMT4にはいってません。

そこで月曜日ではありませんが

今日は特別にみなさんにピボットの

インジケーターをさしあげますsakura_ranking_banner2

 

ランキングをポチっと

してくださいね。

 

 

 

 

インジケーターはこちらです

↓ ↓ ↓ ↓

Auto Pivot

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 

 今週のプレゼント

AdamPriceReflection

 価格の反転軌跡を未来に描く

インジケーター

 

欲しい方はメルマガ登録お願いします

 メルマガ登録のお願い

メルマガにご登録いただいた方には    text_present

と~~ってもお得な

プレゼントがあります。

なんと0円でお金が増える方法

さらに毎週替わりでインジケータープレゼント

やってます

 

お得なさくらのメルマガ登録よろしくね

 無題879946

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中